忍者ブログ
  • 2016.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2016/12/09 08:55 】 |
欧米の防犯理論
犯罪を防ぐにはどうすれば良いのか。このことで、ある学術書によると、様々な防犯対策では効果がほとんど見られなかったという記述がある。

そのため、犯罪機会論が防犯について主流となっていった。

この考えは,犯罪者と非犯罪者との差異はほとんどなく,犯罪性が低い者でも犯罪機会があれば犯罪を実行し,犯罪性が高い者でも犯罪機会がなければ犯罪を実行しないとされる。

この考えに基づいて,欧米諸国の犯罪対策は,道路や建物などの物的環境の設計や団結心や警戒心などの人的環境を通じて,犯行に都合の悪い状況を作り出すことが主流となった。




PR
【2012/01/23 16:03 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ロクシタンカフェ的MLM | ホーム | 犯罪と仮説>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>